夜勤専従看護師

夜勤専従看護師に強い求人サイトは?



夜勤専従看護師は、夜勤を専門にする看護師です。

看護師達の間で夜勤が敬遠される中、病院側にとっては夜勤専門で働いてくれる看護師が大変貴重な存在となっています。

実は、夜勤専従看護師は働く側にとっても意外に「おいしいお仕事」です。というのも、看護師の勤務の中でも特に時給・給与が高いことで知られているからです。

より高いお給料をもらえるため、より少ない日数で効率的に稼ぐことができる、割のよいお仕事なのです。

ですが、せっかく働くなら少しでも良い条件で働きたいですよね。

このサイトでは、夜勤専従看護師に強い求人サイトのほか、夜勤専従で働く上での注意点などを紹介しています。よかったら参考にしてください。

夜勤専従看護師に強い求人サイト、ランキング

  • マイナビ看護師

    マイナビ看護師

    業界最大手の看護師の求人支援会社です。利用者満足度96%と高い満足度を誇り、最も人気の高い求人会社です。夜勤専従看護師の案件を、病院・介護施設など幅広に抑えているため、必ず登録しておきたい一社です。


     詳しくはコチラ

  • 看護のお仕事

    看護のお仕事

    全国13万件以上の求人案件を抱える、看護師求人支援会社の一社です。病院・クリニック系の求人に特に強く、他社で扱わない夜勤専従の非公開案件を数多く抱えています。パートだけでなく、常勤の夜勤専従にも強いです。


     詳しくはコチラ

  • ナースではたらこ

    ナースではたらこ

    全国で90%以上の医療施設と取引があり、病院以外の施設の夜勤専従案件にも強い看護師求人会社です。夜勤専従の常勤にも強いので、常勤希望の方にもおすすめです。楽天リサーチによる利用者満足度ランキングで1位になったこともあり、使い勝手のよい求人サイトです。


     詳しくはコチラ

  • ナース人材バンク

    ナース人材バンク

    人気のある看護師の求職支援会社です。人気の秘密は業界一とも言われる求人案件数を抱え、どの看護施設の夜勤専従案件にも幅広に対応できることです。より好条件の求人情報に興味のある方なら、登録しておきたい一社です。


     詳しくはコチラ

  • ナースパワー人材センター

    ナースパワー人材センター

    看護師求人支援で25年の実績がある、最古参の看護師求人会社です。全国的に求人ネットワークを抱えていますが、西日本に特に強いのが特徴です。夜勤専従以外に、単発のお仕事や看護師派遣でも強く、幅広い求人先を紹介してくれます。


     詳しくはコチラ

夜勤専従看護師の魅力は?



夜勤専従看護師として働く魅力ですが、やはり人によって感じ方は様々だといえます。 しかし、個人的な事情や好みはさておき、実際に働いてみなければ分からないメリットや注意点などを予め把握していくと、より働きやすくなるということはあるでしょう。

それでは、現在、夜勤専従看護師として働いている人が、 どんなところに魅力を感じているのかご紹介していくことにします。


魅力その1.ライフスタイルに合った働き方ができる



まず、比較的多い意見としては、ライフスタイルに合っているということです。

例えば日勤ですと、どうしても子供と過ごす時間を確保することが難しいですが、 夜勤の場合は日中一緒に過ごすことができるといったメリットがあります。

他にも、日中に様々な用事を済ませたり、勤務日数が10日前後なことから、 自由な時間を作りやすいといった意見もあります。 それから、早起きをしなくて済むという点に、メリットを感じる人もいますね。

これは、それぞれの人のライフスタイルによって、捉え方が変わってきますが、 日勤の時とは違う自由さがあることに、魅力を感じている人が多いということ でしょうか。


魅力その2.少ない勤務数で高収入が得られる



夜勤の魅力として多く聞かれるのが、少ない勤務数で高収入が得られるという意見です。1日の勤務時間は16時間と長いですが、ひと月あたりの勤務日数は10日前後ですし、連休がとりやすい点も魅力でしょう。

もちろん、勤務先の条件によって金額が変わってきますが、大体は1日3万円前後ですので、10日も勤務すれば 30万円を超えることも珍しくはありません。

そのため、敢えて夜勤を中心に働く人もいるくらいです。 ただし、地方や小さな病院となると、1日2万円というケースもありますので、 必ずしもたくさん稼げると断言することはできないかもしれません。


魅力その3.日勤に比べて仕事量が少ない



それから、これは業務的な話になってしまいますが、日勤より業務が楽だと感じるため、夜勤を選ぶという人もいるようです。

理由は様々ではありますが、業務時間の大半は患者さんが就寝中ですので、やるべき仕事が限られてしまうため、一人にかかる責任感は大きいといえど、慣れると楽という意見があります。


魅力その4.人間関係が楽になる



また、夜勤であれば、働く人数が少ないため、煩わしい人間関係について 考えなくて済むということもあるようです。看護師は女性が多い職業ですので、派閥ができたり、ちょっとしたことで修復が難しい関係に発展するケースもありますよね。

夜勤は基本的に少人数で行いますので、女性が多い職場にありがちな面倒な人間関係に巻き込まれるリスクは少ないと言えます。

病院や診療科などによっては、 必ずしも人数が少ないとは言えないケースもありますが、人間関係が薄い方が気が楽で働きやすいという人には合っているのかもしれません。


魅力その5.生活リズムが一定になる



看護師の仕事を始めてから体調を崩してしまう方も少なくありません。その原因は、日勤と夜勤とがミックスされたシフトによるところが大きいといえます。

今日は朝から仕事、明日は夜から・・・など日勤と夜勤を交互に働いていると、睡眠や食事をとる時間がまちまちになり、体内時計が狂ってしまいますよね。


このような生活リズムの乱れは、自律神経やホルモンの分泌に影響を及ぼします。ストレスを感じやすくなったり、眠っても取れない疲労感や集中力の低下など、仕事に支障を来す恐れのある様々な問題を引き起こします。

しかし、夜勤専従であれば、生活リズムが一定になりますので、夜勤生活に慣れてしまえば、体内時計が狂うことないため、働きやすいと感じる方が多くいます。


夜勤専従看護師ならではの注意点って?

上記で紹介したように、夜勤専従看護師として働く魅力は様々ありますが、夜勤という特殊な働き方をする場合は、当然注意しなくてはならない点もあります。

ではひとつひとつチェックしていきましょう。


注意点1.体質的に夜勤が合わない人もいる



夜勤専従ということは、昼間寝て夜活動することになります。人間は本来、日中に活動して夜は睡眠をとって体を休ませるのが正常な生活リズムです。

中には「夜型人間」と言われるような、昼間よりも夜に強い方もいますが、体質的に夜が苦手だという方のほうが大半を占めます。

そんな場合は、無理に夜勤を続けることで、それがストレスになって、女性であれば無月経や不妊といった婦人科系トラブルを招く恐れもありますので注意しなくてはなりません。


注意点2.ある程度の経験やスキルが必要になる



職場によっては、夜勤専従看護師が1人で対応しなくてはならないところもあります。点滴の管理であったり、トイレのサポート、検温など、一通りの業務が一人で難なく行えるようなスキルが求められます。

また、患者の急変時には、看護師として適切な処置ができるように、状況を把握する視野や判断力が必要になります。そのためには、やはり看護師としての経験が重要になってくるでしょう。


注意点3.体力的にきつい



夜勤の場合、1回の勤務につき16時間以上になることもあります。休憩や仮眠の時間があるとはいえ、看護師という仕事柄、心身ともにリラックスした状態を作りだすことは難しいものがありますよね。

しっかり仮眠をとれたとしても、それだけで体力を回復させることはできない、という研究結果も出ています。精神的な緊張状態に加え、体力を使う仕事ですから、長時間勤務に体が持たないと嘆く方もいます。


注意点4.夜勤専従看護師の求人がなかなか見つからない



メリットに惹かれ、夜勤専従看護師として働きたいと希望する方が増えてきました。その為、夜勤専従看護師の求人は大変人気があります。

パート求人であれば割と簡単に見つかりますが、常勤でお探しの場合は、もともとの求人数が少ないため、条件が良い求人を見つけ出すのは困難になります。


夜勤専従看護師として常勤で働きたいという場合は、看護師専門の転職サイトを利用すると良いでしょう。転職サイトでは、求人情報に記載されている条件等の他、表面上ではわからない中の情報を提供してくれます。

職場内の雰囲気であったり、昇進昇給の実態であったり・・・もちろん、ある程度ネットで調べることは可能ですが、信憑性のない情報に振り回されることだけは 避けたいもの。


転職サイトであれば、専門のコンサルタントが、あらゆる医療機関の情報を持っていますので、働くことで得られるメリット、デメリットについて詳しく知ることができるでしょう。

改めて、夜勤専従看護師として働く魅力について確認するためにも、 利用してみてはいかがでしょうか。

夜勤専従看護師の注目の求人先とは?



最近とみに増加傾向にあるのが老人施設関連の夜勤専従看護師の求人です。社会の超高齢化に伴い、夜勤看護師を必要とする老人施設は急増しています。

こうした老人施設では看護師でも看護業務だけでなく介護的な業務を求められることが多いようです。

資金に余裕のある老人介護施設も多く、職場の選択次第では高額な報酬を受け取れる場合があります。

また、利用者の入れ替わりが少ない分、病状や状況について把握することができますので現場に馴染みやすいでしょう。

しかし、老人施設での仕事は病棟勤務に比べて医療行為は少なくなりますので、看護師としてのやりがいは感じにくい面もあります。

また、老人関連施設では夜間には医師が常駐していないところもありますので、そういった情報も前もって集めておくと働き始めてから「考えていたのと違った」ということにならずに済みます。

夜勤専従看護師の求人はパートやアルバイトが主であることをご紹介しましたが、実は正社員の求人も全くないわけではありません。

パートやアルバイトでなく正社員(常勤)で夜勤専従看護師の仕事をしたい場合は、少し時間が掛かってもコツコツ求人情報をチェックしておくと見つかることがあります。

もし夜勤専従看護師の仕事を探しているなら、常勤・パート・アルバイトを問わず求人数が多くて情報が充実している看護師専門の転職サイトを活用してみてはどうでしょうか。

 夜勤専従看護師に強い求人サイトは?

このページの先頭へ